低糖工房

低糖工房なら糖質オフダイエットも辛くない

低糖工房キャプチャ

低糖工房は糖質が低い食品の専門店。元々は糖尿病の患者さんの「血糖値を気にして美味しいものや好きなものを食べられない」という悩みを解決するために、食後の血糖値が急激に上がらない糖質を制限した食品を開発したのがはじまりです。

つくっているのは1907年に日本ではじめてマーガリンを作ったという歴史のあるリボン食品という企業です。ちなみに喫茶店やファミレスなどにある冷凍デザートを最初に作ったのもこの会社で、マーガリン製造工場は日本初の有機JAS認定を受けています。そんな新商品を作り出す社風からいち早く糖質オフの食品をつくることを可能にしたのだろうと思います。

さて低糖工房の食品はどのくらい糖質が低いのか?ですが、いくつか下記の表で比較してみましたのでご確認ください。糖質の量は一食分相当です。

低糖工房 一般の食品 糖質の差
ロールパン(50g) 2.5g 23.3g -20.8g
食パンスライス(100g) 4.8g 44.4g -39.6g
ミックスピザ(135g) 5.8g 34.5g -28.7g
チョコレート 5.5g 59.9g -54.4g

このように違いは一目瞭然です。なお当サイト管理人はパンやチョコレートを何度か注文していますが、普通に美味しいです。健康に良い食べ物特有な感じはせず、好みによっては普通の食品よりも美味しく感じるかもしれませんよ。

↓↓低糖工房のホームページはこちらです↓↓